2013.12.2

湘南の清水氏からの報告です。
「産卵を控えた魚達が荒食いをするこの季節、三浦半島ではデイゲームでシーバスを楽しむことができます。
1202-11202-2
メインのベイトはカタクチイワシ。
暗いうちは「サルディナ127F」や「137F」で広範囲に探る回遊待ちの釣り。



朝マズメ、ベイトが動き出す時間帯は根の際やサラシ周りを「サルディナ107F」などで丁寧に通してやると派手なバイトと共に磯マル特有の根に突っ込んでいくパワフルなファイトが楽しめます。


沖で出るナブラに対してジグを投げ込むと沈んでしまう事があります。
射程圏内に入るまで焦らず待ってから「アトゥーラ90」を投げ込むとまさに一撃!!
シーバスの引きとは違いスピード感のあるファイトはとても魅力的です。

イナダは日によりムラがありますがアベレージで50センチ程あります。

是非今がシーズンのデイゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。」
1202-31202-4

2013.10.28

1028-11028-2







東京の瀧上さまからの報告です。

「先週月曜日に相模湾で!

アトゥーラ120で、キメジ14kg頭に8本!
カツオ4kgサイズ2本と入れ食いでした^ ^」

2013.10.27

1027-11027-2大磯・邦丸の藤吉船長より、報告をいただきました。


「台風の片付けをしてから!沖の様子を見に行きました!




港出てすぐに、良いナブラを発見し、アトゥーラ120で25團ラスのキハダでした!

まだまだチャンス有るかも?
ちなみに朝は、イワシ団子が沢山あり、キャスティングで、キメジがよく釣れてました。」

2013.10.23

1023-11023-2






湘南の清水氏よりの報告です。
「例年より早いですが三浦半島のチェックをして来ました。
所々ベイトもいるようですが追われている気配もありません。
でもこんな場合でも魚って居るんですよね。
この状況でいつも活躍してくれるのが、サルディナ107Fなんです。

魚の付きそうな根に対して、ナイトでも高速巻きを使います。
流れの複雑な根の際も、流れに強いサルディナなら、高速で巻いても大丈夫。
やる気のない魚にも思わず口を使わせる事が出来ます。」

2013.10.21

1021-11021-2北海道の斉藤さまから報告を頂きました。


「ワラサ3kgと、 北海道では珍しいマトウダイ

ロッド: ブルーアイアス633S
ルアー:  ワイプアウトMID 150g


ワイプMIDは引き重りせず、使いやすいジグです。

フォールのアタリに合わせたら、マトウダイが釣れました。
北海道では珍しい魚で、自分は初めて釣りました。」