ワイプショート東京湾タチウオ!

茅ヶ崎の植田さんより太刀魚ジギング報告です。
久しぶりに東京湾タチウオ狙いで川崎「中山丸」さんへ乗船して来ました。

KIMG0585~2KIMG0582~2KIMG0577KIMG0587KIMG0590
時期的にサイズはイマイチかな?
と思ってましたが・・・
1日、走水沖を狙いドラゴンと呼べる冬タチの様なサイズがキャッチ出来ました‼️

最大サイズは1.7kgで、
他に1.4kgと1kgオーバー2本!
計4本のkgアップ!!
その下のサイズ6本と存分に東京湾タチウオ堪能出来ました‼️

これから本格化するであろう冬タチウオが楽しみです❗

【タックル】
ロッド:ブルーアイアスBA-661CSB
ジグ:ワイプアウトショート100g、130g各色

「BA613B/TZ」北海道でも活躍中。

札幌の斉藤さんより「ブルーアイアスBA613B/TZ」でのジギング報告。
15380316103974北海道函館戸井沖のブリに重いジグをシャキと操作するためにBA-613-B/TZを購入しました。
戸井沖は潮が早く水深40mでも3回目には底が取れなくなるくらいの状況です。
重いジグをイメージ通りに操作するにも最適なロッドです。
9月16日の戸井釣行では渋い状況でしたがなんとか1本取れました。

15380299484413


9月23日には道南江差上ノ国方面へブリジギングに行ってきました。
この海域での定番ジグの230gを使いBA613B/TZの快適な使い心地を堪能しました。
釣果はブリ6キロくらいの1本と2キロくらいの1本、」ヒラメ60センチくらいの1枚でした。

15380277764290



9月24日にも同じく上の国沖でブリ狙いで出発しましたが朝一に『マグロが騒いでいるから行ってみるか』と船頭から誘われたのでもちろんお願いしました。
結果はワイプのMIDとショートでバワースローをイメージした誘いでクロマグロを一本ずつ散りました。(いづれも10キロに満たないサイズでしたが)北海道は30キロ未満のクロマグロはリリースしなければならない規制があるので写真は撮っていません。


メガフィッシュの展示会の時に上屋敷さんから聞いたフック
セッティングを参考にBA-613B/TZでパワースローをイメージして狙って釣れた事は新たな世界が広がる予感がするとともにワイプMID、ショートの威力を実感しています。

フックは急遽マグロ狙いをするとなったので船上でザイロンを使いテール側につける
ようリグったものなので仕上がりは綺麗ではないですが久米島に通っていた頃に使っ
ていた結び方なので信頼性はあります。


ロッド:BA-613B/TZ
ジグ:ワイプアウトMID150g、ワイプアウトショート160g
リール:オシアジガー2000NRHG
ライン:サンライン PEジガーULT8本組 3号
リーダー:サンライン システムショックリーダーFC50lb

アカメ報告。

広島の清水さんよりマグナムミノー20cmシーバスエディションでアカメ報告です。

遅くなりましたが、先日のアカメ釣行のブログをアップしました。


http://hiroshima.fishing-bum.com/pages/1566193/blog

akame
週末は台風が来てるようで被害が出ない事を祈るばかりです。台風の進路次第では、もう一度高知へと考えているのですが…どうなるか(笑)

これから、秋のハイシーズンに向け、サルディナとマグナムミノーに活躍してもらいたいと思います。

サルディナの季節!

茨城の重藤さまより。「サルディナ」での涸沼のシーバス状況です。

DSC_0218
日々秋の気配が色濃くなる昨今、この季節は例年だと本湖全体にシーバスが散らばり、何処に行ってもあちこちで大小のシーバスがドカンドカンなのですが・・・



今年はランカーの数が少なく、替わってセイゴが非常に多く、比較的大きなシーバスの群はピンポイントで釣れる場所が日替わり状態と、私も含め涸沼アングラーは悪戦苦闘しているのではないでしょうか!?
ただ、サイズを問わなければ比較的容易に数釣りが出来るため、今はお気軽フィッシングにシフトし、退勤途中の短時間釣行で数釣りしてストレスZEROを継続中❗️

ヒットルアーの中でも使用頻度が一番多く、私の4番バッターであるルアーが「サルディナ107F」水面爆裂でヒットさせるシーンは何回味わっても楽しすぎです!!

湾奥サワラ!

浦安の工藤さまより湾奥サワラの報告です!

いつもお世話になってます。東京湾奥にサワラが出始めたとのことで、
9/17に船橋港の「フレンドシップ」さんにお世話になりました。

タックルは非常に軽い「ブラックヘラクレスBkh722S-M/TZ」に18ステラ5000XGの組み合わせ。
本当に軽いです!左腕を壊して力が入らないのですが、左投げでも負担のない程!
シイラタックルに1.5号を巻きましたが、リールをもっと軽くしても良いとおもいました。

20180917_094030_rDSC_0696
















当日は最後の夏を思わせるベタ凪ぎで、普段は冬の相模湾で狙ってるのに、まさか半袖でワラサを狙うとは(笑)

現地に着くとサゴシが跳ねる跳ねる!
遠目で「ボラだねー」とか言っていた自分を恥ながらルアーを投げますが一向に当たりません。
海面を眺めるとシラスが跳ね…、ストライクジャーク各色、アトゥーラ水潮シラスを投げても無反応で…。
誰も当たらずにお祭りは終わり、個人的にも何もヒントすら得られず終わりだーと思いましたが、
ラスト間際の10時前に急遽もじり、ミヨシの常連さんが一本目当ててから本当にお祭りがスタートしました!

僕もそのうちに一本当たりまして、型の良いのを取らせてもらいました。
ヒットルアーは魚道ヘビーサーファー、イワシです。リーダーカットが怖いので、どうせ丸飲みならとテールフックのみにしました。たった小一時間だけのヒット時間でしたが、非常に濃い、印象深い一時間てした。

噂には聞いていましたが、冬場にあれだけ苦労した魚がこんな身近に取れるなんて夢の
ようです。

ただ軽いだけでなく、ゴリ巻き必至と言えど容易に寄せられる新しいステラのパワー、そしてたった1oz程度のミノーも気持ち良く投げられる竿としての722の懐の深さとゴリ巻きを可能にした竿の力強さは、驚きです。
使いはしませんでしたが11gのミノー(ラパラCD9)まで視野に入れておりました。それすら無理せず投げられると思います。

ますますサワラゲームにのめり込んでしまいます。