2014.3.8

0308-10308-2









雪解け水が入ってから、なかなか低水温状況が回復しない東京湾。

しっかり上げが入る潮でないと、なかなか活性が上がらず
この日も魚探で見ると、どのポイントもシーバスはがっつり居るのになぜか喰わない?

しかも潮は終日緩々の下げで、かなり渋いコンディション
諦めずに、しつこく探れば、たま〜に当たる地味な展開

そんな中で「浜っ子ジグ70g」を使ってナイスサイズを松塚さんがキャッチしてくれました(76cm)
この日はフォールスピードが速めのジグに当たりが出やすかったようです

2014.3.4

0304シーズン真っ只中のシーバスジギング。
昨日、新山下の渡辺釣船店さんでの釣果です。
魚探は真っ赤なのに、なかなかアタリが取れませんでしたが、終日ポツポツ釣れ続き、楽しめました。

「江戸っ子ジグ」チャートゴールドで、長めのリトリーブにたまにトゥイッチを入れる・・・という感じで釣れました。
チャート系はあまり売れ筋ではありませんが、東京湾ではなかなかよく釣れるカラーです。
ぜひ試してみてください!

2014.3.2

0302-10302-2







東京の飯塚さんから画像が届きました。

「寒さも一段落したところで東京湾のボートシーバスに行ってきました。

夜は常夜灯の周辺でイワシ付きの高活性に遭遇し、ペンシルを投入。
水面下のスローなトゥイッチが効果的でした。

明るくなってからのジギングでは「江戸っ子ジグ60g」のオールピンクで連発です。
同船者も江戸っ子ジグ60gでキャッチ。

どの魚もコンディションが良く、引きも強くて楽しめました。」

2014.2.27

0227-20227-1ユーザーの竹川さまより報告を頂きました。

「浜名湖でのシーバスの釣果報告です。

この時期の浜名湖はシンペン系が圧倒的に強いのですが、流れの速いエリアではレンジキープが難しく、レンジを外すとよい結果が得られません。


そこでレンジキープに優れた「マリブ」がとても効果的です。
マリブ68をメインに、流速など状況に応じてマリブ78とのローテーションで使っています。
この2種類だけで十分勝負が出来るほど今の浜名湖にマッチしています。

ボトム付近に張り付いているシーバスにボトムドリフトさせると効果的です!
今年釣った20数本のシーバスのほとんどがマリブでの釣果で、マリブ無しでは成り立たなくなっています。」

2014.2.12

平戸の松本さまより報告です。
0212-10212-2
「全国的に極寒が続いていますが 長崎では産卵を絡んだ磯マルが熱く、磯通いが続いています。
ベイトが5〜6cm程度、スズキが好むサイズで高活性です。

マリブ92」がサイズやボディボリュームがベイトマッチして、良く釣れます。
凪の低活性時でもマリブはめっぽう強いです。」