2014.3.2

0302-10302-2







東京の飯塚さんから画像が届きました。

「寒さも一段落したところで東京湾のボートシーバスに行ってきました。

夜は常夜灯の周辺でイワシ付きの高活性に遭遇し、ペンシルを投入。
水面下のスローなトゥイッチが効果的でした。

明るくなってからのジギングでは「江戸っ子ジグ60g」のオールピンクで連発です。
同船者も江戸っ子ジグ60gでキャッチ。

どの魚もコンディションが良く、引きも強くて楽しめました。」

2014.2.27

0227-20227-1ユーザーの竹川さまより報告を頂きました。

「浜名湖でのシーバスの釣果報告です。

この時期の浜名湖はシンペン系が圧倒的に強いのですが、流れの速いエリアではレンジキープが難しく、レンジを外すとよい結果が得られません。


そこでレンジキープに優れた「マリブ」がとても効果的です。
マリブ68をメインに、流速など状況に応じてマリブ78とのローテーションで使っています。
この2種類だけで十分勝負が出来るほど今の浜名湖にマッチしています。

ボトム付近に張り付いているシーバスにボトムドリフトさせると効果的です!
今年釣った20数本のシーバスのほとんどがマリブでの釣果で、マリブ無しでは成り立たなくなっています。」

2014.2.12

平戸の松本さまより報告です。
0212-10212-2
「全国的に極寒が続いていますが 長崎では産卵を絡んだ磯マルが熱く、磯通いが続いています。
ベイトが5〜6cm程度、スズキが好むサイズで高活性です。

マリブ92」がサイズやボディボリュームがベイトマッチして、良く釣れます。
凪の低活性時でもマリブはめっぽう強いです。」

2014.2.3

湾奥の河川が最も低水温を迎える今の季節
毎年楽しみにしているバチゲームが、いよいよ始まってきました。

一般に広く知られている、水面に引き波を立てて泳ぐバチではなく
ニョロニョロとくねりながら流されていく、緑色や白っぽい色のバチです
大きさはまちまちで7〜15cmくらい

時合いは以外に短く一時間くらいで終わってしまうのがほとんど
量が増え過ぎるとルアーへの反応が極端に悪くなるので、
ポツポツと流れてくる状態で、バチを捕食するボイル(波紋)が出てるような状態がベスト

これぐらいの量が時合い → これ程の量になると喰わせるのが難くなる
0203-10203-2







短時間でなるべく多くのチャンスをモノにしたいから、ルアーのセレクトは重要です
信頼のおける手堅いルアーをローテーションしてテンポ良く狙っていきましょう。

おすすめの一つが「マリブ68」/ムーンライトブラッド
水面直下をウネウネしながら流されるバチの動きとレンジに、ピッタリとハマったルアーです。
流れに対してクロスまたはややダウン気味にキャストしたら、
リトリーブスピードを極力抑えて、バチの流下に合わせるような感じで
流れに任せてゆっくりスイングするように使います。
0203-40203-3







写真で見て頂ければ分るようにカラーもこの時期のバチにバッチリ(笑)
これから暖かくなるまでのわずかな期間ですが、
マリブ68で真冬のバチゲームにトライしてみてはいかがですか!

2014.1.24

神奈川の須藤さまより報告です。
0124「今年のファーストフィッシュは駿河湾の静浦港勘栄丸さんにお世話になりました。

数はでませんでしたが、型は良型ばかりでした。
ワイプアウト・ショート160gにてです。」