好天に恵まれ気持ちのいい秋晴れとなった週末、好調な干潟へ2日間続けてのデイゲームに行ってきました。

初日、入り始めて直ぐ、岸から届くくらいの距離で早速「マヒペン107」に一本目がバイト。
まだかなりのシャローだったので出ないだろうと思っていたので驚きました。
かなりの浅瀬でも居るんですね。
1025-31025-1それからしばらくはバイトが遠のいたものの、下げ止まり寸前から魚の気配が出始め、上げが効いてきたタイミングでは、シーバスに追われた小さなベイト(たぶんカタクチ?)がパラパラ水面を割って跳ねながら逃げ惑う姿を目撃。

時折ボイルも出始め、すぐに「マヒペン107」を打ち込めれば喰わす事も出来た。

1025-21025-41025-5この日は11発のバイトで4キャッチ、フッキングするまでワンキャストで5回もバイトした魚がいたりして、この日も楽しいデイゲームでした。


2日目も同様のタイミングで釣りをスタートしたものの、この日は魚が少ないのか?
なかなかバイトが出ず大苦戦、やっと掛けてもバラしたりで、なんとか一本キャチできたものの、その後は乗らないバイトが3回のみで終了となりました。
1025-6
好天で風が弱く潮の流れも効かなかったのがいけなかったのか?
ベイトが抜けたのか?





1025-71025-8







広大な干潟では魚の移動も広範囲、見た目は良さそうでも入ってみるまで毎回解らないです。
一晩で変わってしまいサッパリなんて事も、またその逆もしばしば。

でもまたあの水面炸裂バイトが見たいので、行けたら報告します。