キングオクトパス片山氏より報告です。

南米コロンビアにワールドレコードクラスのピーコックバス(ツクナレ・アスー/キクラ・テメンシス)を狙いに遠征に行ってきました。

P3023660P3023597P3023654P3053918P3063961P3053923P3013576IMG_1408MahipenP3043813









































結果としてアスーを始め、パッカやバタフライなど多くのピーコックバス達に遊んでもらうことが出来ました。最大魚は16.5lbs、7.4kg。

通常はブラジリアンルアーなどを使うことが多いのですが、今回は『mahiPen127F』をチョイス。理由としてはいくつかあります。飛距離が確保出来ること。これは同船者よりも広範囲に魚をサーチ出来ることが出来るメリットがありヒット確率が高まります。もう一つはパニックアクションを演出出来ること。これはピーコックバスフィッシングの必要最低条件で、魚を集めるため。最後にmahiPenをチョイスした最大の理由は、海用であるため淡水ではバランスを崩しやすく、瞬間的に大きくダイブするためです。その後のダイブからのジャーキング、ダートで魚をヒットさせることが出来るためです。アングラーの思う通りにアクションを変化させることが出来るテクニカルな攻めが出来るのがmahiPenでした。次回の南米遠征には数本持っていく必要性を感じました。

今回はmahiPenでは出ませんでしたが、21lbs、9.5kgのぺーシュ・カショーロなども出るコロンビアのフィールドのポテンシャルの高さを感じました。

We have aimed for Peacockbass in Colombia this time. As a result, I was able to catch many Peacockbass. Normally fresh water lure is suitable for Peacockbass fishing. However, MangroveStudio mahiPen has a panic action and dive & dart action is possible due to its high specific gravity. This action resulted in good results. MahiPen have a big advantage because flying distance comes out more than fresh water lure. Please take it to Peacockbass Fishing. Thank you.

《Tackle》
Lure:Mangrove Studio mahiPen127F
Rod:KingOctopus LateBloomings510+
Reel:US DAIWA LEXA300
Line:PE80lbs