オフショア/シーバス

シーバスTOPゲームのド定番、「マヒペン」。

プロスタッフ嶋田氏より、「マヒペン」とは?
0628 (2)「中国地方でシーバスのTOPゲームに使用するルアーって何ですか?と聞けば、迷いなく「マヒペン」と言われると思います。
それほど浸透している・・はず?(笑)

秋のイワシゲームが主戦になりますが、山陰地方の宍道湖〜中海方面では、この梅雨前からが本格シーズンです。
ベイトは「ママカリ(サッパ)」「カタクチイワシ」ですが、アミエビに付いた大量のコノシロが遡上する事から、コノシロパターンにも有効で、海ザラと言われる秀逸なドッグウォークは未だ衰えしらずです。

サイズが2種類ある「マヒペン」ですが、上記のベイトに照らすと107はイワシ、ママカリに、127はコノシロに・・となります。
とにかく80〜90cmクラスのスーパーボイルは圧巻の一言。
今年は例年の6月初旬スタートが遅れていて、ダラダラと釣れ続いている感じです。

0628 (1)ベイトが明確な時は合わせれば良いのですが、不確定な場合は107がオススメです!
一定のリズムで左右に振らせれば、周囲のベイト毎吹き飛ばすバイトが得られます。
TOPゲームはアングラーの技量により釣果が左右される釣り方ではありますが、この「マヒペン」シリーズは誰もが簡単にアクション付け出来るペンシルベイトです。
是非お試し下さい!

*127に装着されているフックはシーバスにはオーバースペックですので交換をオススメします。」

2016.3.2

シーズン終盤を迎えた東京湾ジギングシーバス。
深川・吉野屋さんにて出船
0302 (1)0302 (5)春の陽気と寒の戻りが交互に訪れる季節となり、暖かい南風に乗るようにベイトとなるカタクチが湾奥に向け、どんどん入り込んで来てます。

それを追うように良型のシーバスが、ベイトの溜まるエリアに固まってきているようです。
ポイントへ向う船から眺めていると、湾奥のあちこちで大きな鳥山が出ていました。


この日真っ先に入ったポイントが、まさにそんなエリアの一つ、停泊するタンカー。
木更津沖、水深25m程のフラットエリアに浮く巨大なストラクチャー。

夜間は明るい照明が常時水面を照らし、日中も陽射しを遮る大きな影が出来る。
しかも潮通しは最高で、なによりイワシが離れない。
そんな場所だけにシーバスの群れが入っていれば、高確率でイタダキなポイントです。


飛び交うカモメがタンカーの周りを囲んでいて、見るからにベイトが付いてそうな雰囲気。
0302 (3)0302 (2)
まずはベイトのカタクチとサイズ、フォルムがピッタリの「ワイプアウト・ショートタイプ80g」からスタート。

陽射しが遮られシェードとなっているタンカーの際スレスレにジグを打ち込み、ボトムまでフォールさせていく。
着底したら小刻みなアクションを加えつつ10mほど誘い上げ再びフォール。



バイトのほとんどがこのフォール時で出る。
ラインに現れる僅かな変化を見逃さないよう、変化が有れば即フッキング出来る体制で集中する。


喰ってくる魚はどれも型揃いでコンディションのいい魚ばかり。
引きも強烈で掛かると取り込むまで一苦労。

高活性状態に入るとシャクリ上げてくる最中の「巻き」でもバイトが出るようになる。
しかし単調なアクションで釣り続けると、すぐにバイトが遠のいていくので、スピードやアクションのピッチ、カラーなどバリエーションを変化させ、魚にルアーを飽きさせず反応を継続させる事が重要。


潮が早くなり流れにラインが持っていかれ、80gではフォールスピードが遅くなったせいなのか、バイトがちょっと出難くなった。
0302 (4)そこでジグを「ワイプアウト・ショートタイプ100g」にサイズチェンジ。

ジグを重くした事でフォールスピードが戻り、バイトのペースが上がる。

そのまま沖上がりの時間まで喰いは止まらず、アベレージ60cm〜75cmサイズが連発となる最高の一日となりました。

2015.4.25

木更津・誠丸さんの乗合シーバス船に釣行してきました。
0425最近までの好調が嘘のように当日は一転してかなり渋めの釣りとなりました。
ベイトが少ないせいかシーバスの反応も単発で、とにかく「広く探って喰ってくる魚にルアーを負わせる」と言った感じの我慢の釣りとなりました。

こんな場合、ワンキャストでより長い距離を探れる事が大きなアドバンテージとなりますが、同時にヤル気の落ちた魚にスイッチを入れ、喰わせに持っていく動きを持つアクションが大切となります。

この日は激しい動きで目立たせるよりは、ナチュラルなローリング系の動きで、一定のレンジをややゆっくりトレースしてくる釣り方が良かったように思います。
ちょうど「サルディナ127F」がぴったりとハマった状況でした。

予想外の低活性に最初は少々苦戦しましたが、「サルディナ」の喰わせる強さに助けられた釣行となりました。

初めてのシーバスジギング【1】

今回新発売の「ワイプアウト80g」は、東京湾シーバスジギングにとても有効。
シーバス用に特化したカラーを一部含めたカラーラインナップとなっています。
DSCN9677
この「ワイプ80g」を効果的に使って頂くために、これからシーバスジギングにチャレンジする方にもわかりやすく、釣り方などを数回に分けてご説明していきますので、ぜひ参考にして下さい。


まず今回は、使用するタックルとフックシステム、効果的なカラーの説明です。



■タックルは
PE1号〜1.5号対応の6フィート前後のベイトジギングロッド、リーダーは25〜30lb。
PEは、4本組でも8本組でもOK。100m以上巻いてください。
リーダーは、フロロでもナイロンでも構いません。
DSCN8183
スピニングタックルでも釣りは可能ですが、できればベイトタックルがお勧めです。
その理由として、この釣りはジグにアクションを加えた後の、ジグのフォール中にバイトが頻発します。

ベイトリールはジグのフォールがスムーズなうえ、小さなバイトも感じ取る事が出来ますし、フッキングもスプールを押さえて瞬時に行えるので、断然有利となります。


■装着するフックシステムですが、
写真上の、ジギング用のアシスト二本針(サイズ#1〜1/0)を、リアアイ側へ装着するチラシ針タイプと、
写真下の、トレブルフック(#2〜3)をリアアイへ、そしてフロントにシングルのアシストフック(#1〜1/0)を付ける
2つのバージョンがお勧めです。
IMG_3326
それぞれの使い分けですが、
活性が高い時には手返しの早いチラシ針(写真上)を。
低活性でバイトが弱く、なかなかフッキングに至らないような時は、トレブルフックパターン(写真下)を使ってみて下さい。

初めてでしたらチラシ針タイプの方が根掛かりなどのトラブルも少ないので、写真上のシステムがいいでしょう。


フックのバーブ(かえし)は必ずペンチなどでしっかり潰して下さい。
万が一フックが自分や他のアングラーに刺さってしまった場合、怪我をなるべく最小限に抑え、また魚へのダメージを少なくするためです。
多くの船宿さんが、安全対策のためバーブレスフックを使用するようにアナウンスしているので、予め釣行前の準備の際に、使うフックは全てバーブレスにしておく方が良いでしょう。


■次にジグのカラーをどう使い分けるか?です。
まずはゴールドベースとシルバーベース、この二種類のベース(下地)カラーを持って行けば、ほとんどの状況に
対応出来ます。
(画像は左から、「ワイプアウト80g」のブルーピンク、ピンク、ピンクゴールド、オレンジゴールドです)
IMG_3344
基本は、早朝や曇りならシルバーから、日が上って晴れならゴールドを試して下さい。
また他のアングラーが釣れているベースに合わせるのも、手っ取り早い方法です。

初めてジグを準備されるなら根掛かりなどでのロストも考慮に入れ、
画像のようにゴールドベースとシルバーベースを合わせて最低4、5本は用意して下さい。



●次回は実釣編です!
実際の釣り方や、より細かいカラーローテーションなど説明していきます。

2015.1.18

昨年12月後半からスタートした東京湾ジギングシーバス。
なかなか好釣果に当たらず苦戦続きでしたが、4回目となる今回の釣行は、天候にも恵まれ状況も良く楽しい1日となりました。

船宿は毎度おなじみの本牧・長崎屋さんへ。
DSCN9670







冷え込みの厳しい朝でしたが風は穏やか、朝一に入ったポイントから高活性な当たりが連発!
DSCN9685
水深13メートルとジギングにはやや浅いポイントなので、
「江戸っ子ジグ60g」をアンダーでキャストして底を取り、ボトム付近を誘いとフォールを繰り返して探ってくると、バイトが連発しました。







潮が効いてくる時間帯に合わせ、沖のバース周りへ移動。
こちらは水深20〜30メートルなので、手返しの早い「ワイプアウト80g」にチェンジして狙っていきます。
170DSCN9678












朝イチほど高活性ではないものの、ぽつぽつとナイスサイズがロッドを絞ってくれました。
シャクリ上げてくる時よりもフォールさせている時の当たりが圧倒的に多いので、
それをいかに上手く掛けていけるかが、この釣りの重要な部分です。

同行してした嶋田氏、「ワイプ80g」で良型をキャッチ。
P1180025P1180029







潮が早くなってきた後半は、誘いのパターンを上手く探し出し、バイト連発させてました。
さすがはエキスパートショアシーバスアングラーです。






潮が最も効いた10時過ぎは魚探にかなりの反応が出ており魚影の濃さが覗えました。
DSCN9673DSCN9683
ベイトの反応も多く出ており、釣った魚が吐き出したのはサッパやカタクチ、エビまで捕食していました。




今日はゴールドベースでの反応が良かったように感じました。
DSCN9676
日によってシルバーベースがいい時や逆に今日のようにゴールドベースがいい時、ベタ塗りピンクがいい時などが有りますので、カラーのラインナップは出来れば多めに用意した方がバイトチャンスが増えると思います。

これからますます良くなっていくジギングシーバス、PEライン1号〜1.5号のベイトジギングタックルに、60g〜80gのジグを用意すれば誰でも楽しめる手ごろな釣りです。
釣り物が少なくなるこの時期から、4月中旬まで楽しめます!

2014.10.3

浜松のユーザー、大石さまより画像が届きました。
1003「先日、サンライズで五島列島に行き、
小さいですが、初めて「アトゥーラ120」で、ヒラスズキが釣れました!」

宍道湖マヒペンゲーム

ランカーハンター・嶋田氏より、島根の宍道湖(しんじこ)の釣果報告が届きました。

「9月中旬、遅い夏休みを楽しむべく、山陰中部にある巨大な汽水湖「宍道湖」へ釣行してきました。
このエリアは15年前までの約5年間、仕事の関係で居住していたエリアです。

狙いはボートシーバスによるTOPゲーム。
ウェーディングでも陸っぱりでも出来ますが、藻場を狙うこのゲームでは、ボートからのアプローチが圧倒的に有利です。

使用するルアーは「マヒペン」
シーバスには107サイズが一般的ですが、127サイズの方が良い日もあります。
0929-30929-40929-10929-2狙うはシャローにある藻場にブレイクが絡むエリア。
そこをドテラで流しながら、ハクを捕食するシーバスを狙う訳です。

様々なペンシルがありますが、シーバスに限っていえば小型のペンシルよりも、サイズが大きい方が良い釣果を得られやすいです。

経験で言えばこの「マヒペン」は宍道湖最強ペンシルの呼び声が高く、お店で中々手に入らない事もあってか、塗装が全て剥げた状態でも使い続けるアングラーが居るほどです。





さて釣果の方は?
もう・・怒濤という言葉がピッタリ。

何本釣ったかなんて数えてられません。
しかもサイズが良い。

ファットヘッドな「マヒペン」は、ドッグウォーク時の水押しも強く、アピール力は秀逸。
ベイトのサイズ問わず、これから秋のハイシーズンに貢献し続けることでしょう!」

2014.4.29

ゴールデンウィーク、本牧の長崎屋さんに行ってきました。
ジギングシーバスのつもりが、浅場のほうが状況がよく、キャスティングの釣りがメインに。

ここ最近は澄潮ぎみで、天気の悪い日のほうが釣果が上がる傾向。
この日も分厚い雲で空が覆われ、潮が動いてくると、だんだんアタリが増えてきました!

シーバス船でキャスティングになった時の必需品、「トリックス」が活躍しました。
0429-20429-1魚がそんなに深くないときは、
マリブ」でも!


型は小ぶりが多かったですが、キレイで元気なシーバスがたくさんいました!

2014.3.8

0308-10308-2









雪解け水が入ってから、なかなか低水温状況が回復しない東京湾。

しっかり上げが入る潮でないと、なかなか活性が上がらず
この日も魚探で見ると、どのポイントもシーバスはがっつり居るのになぜか喰わない?

しかも潮は終日緩々の下げで、かなり渋いコンディション
諦めずに、しつこく探れば、たま〜に当たる地味な展開

そんな中で「浜っ子ジグ70g」を使ってナイスサイズを松塚さんがキャッチしてくれました(76cm)
この日はフォールスピードが速めのジグに当たりが出やすかったようです

2014.3.4

0304シーズン真っ只中のシーバスジギング。
昨日、新山下の渡辺釣船店さんでの釣果です。
魚探は真っ赤なのに、なかなかアタリが取れませんでしたが、終日ポツポツ釣れ続き、楽しめました。

「江戸っ子ジグ」チャートゴールドで、長めのリトリーブにたまにトゥイッチを入れる・・・という感じで釣れました。
チャート系はあまり売れ筋ではありませんが、東京湾ではなかなかよく釣れるカラーです。
ぜひ試してみてください!