ショア/青物

2015.10.26

長崎県平戸の松本さんより報告です。
1025
「ダイビング・マヒペン127F」にてヒラス(ヒラマサ)をキャッチ。

度々、磯際でボイルがあるがベイトが小さなイワシ系でした。
15センチ以上のペンシルしか持ってないと苦戦します。

ボイル狙い打ちで、一発でヒットしました!

やはりマヒペン127Fサイズが必要です。

結果・・・6〜5キロクラスを3本キャッチしました。 」

2014.9.16

平戸の松本さまよりの報告です。
0916「時化で横風を受け、ペンシルでは釣りが出来ない状況で、しっかり水面直下をリトリーブできる。
「マグナムミノー160」にて
ヒラマサ7kgをGET。

ほんとマグナム頼りになります。」

2013.12.2

湘南の清水氏からの報告です。
「産卵を控えた魚達が荒食いをするこの季節、三浦半島ではデイゲームでシーバスを楽しむことができます。
1202-11202-2
メインのベイトはカタクチイワシ。
暗いうちは「サルディナ127F」や「137F」で広範囲に探る回遊待ちの釣り。



朝マズメ、ベイトが動き出す時間帯は根の際やサラシ周りを「サルディナ107F」などで丁寧に通してやると派手なバイトと共に磯マル特有の根に突っ込んでいくパワフルなファイトが楽しめます。


沖で出るナブラに対してジグを投げ込むと沈んでしまう事があります。
射程圏内に入るまで焦らず待ってから「アトゥーラ90」を投げ込むとまさに一撃!!
シーバスの引きとは違いスピード感のあるファイトはとても魅力的です。

イナダは日によりムラがありますがアベレージで50センチ程あります。

是非今がシーズンのデイゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。」
1202-31202-4

2013.10.11

長崎・壱岐の長谷川氏より、釣果2件届きました。
1011-11011-2「海の中もだいぶ秋めいてきました!
この時期になると、色んな魚種がターゲットに上がるので悩みます(笑)
ベイトも十分なサラシを通すと、本当に色んな魚たちがアタックしてくるので、楽しくてしょうがない!
まぁ、お口の使い方が浅いので、乗らない事も多々ありますが(笑)

サルディナ137Fは・・・・23gの印象以上にブッ飛んでくれるので、強風、遠い根回りを攻めるにはもってこいなルアーですね!
壱岐GTも釣れちゃいます(笑)」


こちらは別の日。
1011-31011-4「台風一過の恩恵を受けるべく、ショアパトロールに行ってきました!
そろそろカマスパターンの本格化を迎え、時合いは短いけど、普通の堤防で釣れちゃいます!
玄界灘パワーですね!


5m以上の足場の高い防波堤では、タックルの問題と同じくらい、ルアーで差が出てくる。
波止の近くまで、泡をかませつつ、しっかり潜らせてくるには、ルアーも制限される。

ナブランはその点クリアできるし、カマスに比べれば小さくも感じるかもしれないが、カタクチにもついてるので、問題ない。
5〜10キロクラスのヒラマサのチェイスだけで1時間で20発は出てます!
ヨダレも出てます(笑)」

2013.10.8

兵庫の平山氏からの報告です。
1008「明石海峡、姫路エリアで青物トップゲームが楽しくなってきました。

マヒペン107アトゥーラ90が大活躍してます。

もう少し冷え込むと型も良くなるはずです。」
  • ライブドアブログ