ショア/その他

高知のアカメ!

仙台の小野寺さんより高知遠征アカメ!

大雨の影響で水温が下がってしまい、河川に入っていたアカメが海に降りてきている状態。
(普段、サイトができるエリアを昼夜通してみてみるも皆無。)

単純に濁りを嫌ったか塩分濃度によるものなのか、水温の低下により少しでも水温の高い場所に入ったか・・・?

時期的には、エリア全体の水温が下がっていく傾向にあり、それにプラスして雨の影響により、アカメがいても口を使わない。ベイトがいてもスルー?たまにスイッチが入ったときじゃないと反応しない。なかなかシビアな状況でした。
1507588493692_20171010_0854171507588506590150758851279415075885183161507588527647ヒットした時は・・・?
下げ潮の五分くらい下げきる前・・・深場に落ちようとするアカメにたまたまルアーを見せられたのでは?

捕食しているベイトは恐らく?巨大な50センチ超えるボラ。大き過ぎますよね。
ボラは、何かが近くにいるときは騒がしくなるが、平和にザワザワしているような感じでした。


水面直下から更に潜らせてグリグリとリトリーブしていると引っ手繰られていくようなバイトでした!

久しぶりに血が騒ぐファイトでしたが、最初のファーストランを強引に止めにいった。恐らく三メートルも出させませんでした。






親指でスプールを押さえ、プロトロッドを限界まで溜めると案外すんなり浮いてきた。

後は手前での突進の度にクラッチを切って、親指ドラグでユルユルと交わすようなファイトで、完全に浮ききるまで、竿の感触を確かめるようなファイトに徹しました。



アカメは希少種な為、地元の方々の努力もあって成立するゲームです。撮影中は極力水中から出さずできる限りやさしく接しリリースまで行いました。

ウエイトは計測しませんでしたが30lb(15kg)のボガグリップを余裕で振り切っていた・・・。




《タックルデータ》
ロッド:ブラックヘラクレス・ベイトモデル76−3p(プロトタイプ)
リール:シマノ・アンタレスDCHG
ライン:バリバス・アバニキャスティングMAXパワー3号
リーダー:ナイロン60LB
ルアー:ストライクプロ・マグナムミノー20cm(シーバスエディション)


最後に・・・
関西遠征の度に、わがままや無理を聞いていただける兄貴達に手を添えていただかなければ、このような素晴らしい魚との出会いもなかったと思います。この場をお借りして、最大限の感謝を。本当にありがとうございました。
またテストロッド使用時に、夢の魚が来てくれたことも嬉しく思います。
関わっていただいた全ての方に感謝です。

ショアから16べベル!

熊本「山本釣具センター・菊陽バイパス店」スタッフの松成様より釣果報告です!

ストライクプロ・マグナムミノー160mmべベルスイマー
「山本釣具センター・オリジナルカラー」で甑島のショアからスジアラ!
IMG_0465IMG_0466IMG_0467

奄美@磯

愛知の伊藤さんより報告です。

1499636797540奄美大島に行ってきました。
ストライクプロ・マグナムミノー20cmF」を使い、本命GTは出ませんでしたが、良型のカスミアジとイソマグロが釣れました。

カスミアジは、小さいルアーよりボリュームあるマグナムミノーに反応!
イソマグロは、動きに押しが強い?波動が強い?マグナムミノーに反応してきた。

べベル炸裂!

再び諏訪之瀬島の堤防より・・・

鹿児島の青野さんより報告が届きました!

マグナムミノー185gベベルスイマー」を使用し堤防GTで良い釣果に恵まれたので報告させて頂きます。

状況は・・・横風が非常に強く、ベイトとなるトビウオの群れが遠くに居ました。
そのため自重の重いベベルスイマーを遠投し⇒糸フケを取り⇒スローにテンションを感じつつ巻きながら
⇒時折軽いジャークを混ぜ⇒フォールで喰わせることが出来ました!!

強風下で飛距離が必要な場面では「ベベルスイマー」の独壇場になります。

20170613_504788420170613_504788314973397374331497339686987


僕のGTは32キロでした。











カラーは「ピンクバックレッドフェイス」











杉田さんのGTは38キロでベベルスイマー丸飲みでした。

杉田さんの
ホームページはコチラ⇒「Island Hoppers






杉田さん画像の提供有り難う御座います。

堤防で快進撃を続けるべベル・・・
悪天候に強い味方になるようですね。


今夜もべべっちゃってください。

磯からイソマグロ!

鹿児島の青野さんより

ストライクプロ・マグナムミノー20cmF」での釣果報告。

14960221195381496022111942DSC_0026


前回のロウニンアジに続き今度はイソマグロ!

マグナムミノーの“高速引き”で
イソマグロ43kgをキャッチすることが出来ました!







イソマグロの強烈な引きにもマグナムミノーはびくともせず強度もバッチリです。
フックはST66の4/0を付けて使用しています。









また、サラシにマグナムミノーを打ち込み“ジャーク”と“高速引き”でカスミの反応が多数得られました。

堤防GT炸裂中!

堤防でもべベルでGT炸裂中!

トカラ諏訪之瀬島「Island Hoppers」杉田さんからの報告。

今年も始まりました!詳細は⇒コチラから!

20170522_501098720170522_5010988

磯からGT!

鹿児島の青野さんより報告。
ストライクプロ・20cmマグナムミノーで良型のGT(ロウニンアジ)キャッチ!

はじめまして・・・
鹿児島の青野と申します。

トカラの沖磯で良い釣果に恵まれたので報告させていただきます。

沖の沈みを「マグナムミノー」の高速引きで27、33キロの2本のGTをキャッチすることが出来ました。

「マグナムミノー」は、ただ巻き、ジャーク、ステイの3つのアクションのローテーション、
又はコンビネーションで使用させて頂いてます。

14951887769921495188749165









トップに出ない魚を反応させる事が出来、強度が強く磯などにぶつけてもびくともせず、同じルアーで2本のGTをキャッチしましたがワイヤーの強度も申し分ない素晴らしいルアーだと思います。

これからも末永く愛用させて頂きます。

2016.5.31

東京のユーザー、島崎さんからの報告です。
「5月23日から4日間、新島遠征に行ってきました。
「サルディナ137F」で釣果を得られたのでご報告致します。

現地初日にとあるサーフでヒラメがヒットしたもののジャンプ1発でフックアウト。
その後、2日間は沈黙。

迎えた4日目最終日、ここは大きくポイントを変えて、歩いて片道50分のポイントへ。
左右から海流が押し寄せるポイント、水深は手前は1mもないが少し進むとブレイクがあり、4.5m落ち込む所。
0531 (1)0531 (2)








0531 (3)
そこへパイロットルアーである「サルディナ137F」をキャストすると、ブレイクに差し掛かった所で深いバイトがあり、上がってきたのは良型ヒラメ!

ここから怒涛の入れ食い!

「サルディナ」のカラーを変えても、怖いくらい釣れました。
仲間2人も順調にヒラメをゲットし、2時間で15枚!」
0531 (4)

2015.12.21

神奈川のユーザー、河合さまからのレポート。
「湘南サーフで連日釣れているフラットフィッシュを狙ってみました。
ここ最近は早い時間帯の方がよさげ。

干潮から少しだけ上げに入ったくらいの時間で、水はほとんどない。
水のない湘南サーフは、飛距離の出るルアーが必要。
そんなときも「アトゥーラ90」はぶっ飛ぶので力を発揮します。

今日は沖のブレイクで最初のバイト。
1221 (1)
そのあと追っかけてきて2個目のブレイクでヒット。


追わせて食わせたいときなんかは、少し竿を立て気味にしてのスローなタダ巻きが効果的!






1221 (3)1221 (2)テールフック一本だけにかかってたから、狙い通りだったと思います。


連日好調の湘南サーフのフラットフィッシュ。


「アトゥーラ90」持ってみなさん狙ってみましょう!」

[タックル]
ルアー:[Mangrove Stugio] アトゥーラ90
ロッド:[G-CRAFT] SEVEN SENSE Mid Stream MSS-1062-PE
リール:[SHIMANO] STELLA 4000XG
ライン:[YGK よつあみ] G-soul upgrade PE X8 1.5号
リーダー:[KUREHA] SeaGuar ace 5号

2015.12.21

神奈川のユーザー、中村さまからのレポートです。
1221「湘南サーフでの釣果です。

いつもの場所を一通りランガンしました!
波がブレイクする場所を丁寧に流して行くと、ガツンときました!

ルアーはやっぱり「サルディナ」でした。
最近というかシーズンに入ってから獲った魚はほとんど「サルディナ」です!

他のルアーでの釣り方忘れそうです‼(笑…)
まだまだ釣りますよ〜!」