淡水・怪魚

アヴァロンでトーマン!

東京の藤井様より。

AVALON(アヴァロン)を持ってタイ遠征トーマン報告!

ミノーを使い、着水後、高速リトリーブ→ストップ→ワンジャーク→ドカーンと出ました。

フッキング後、物凄い勢いでストラクチャーへ走り、

ランディング直後も、ボート下に一気に走り込まれ、

ロッドを半分以上水中に突っ込み引きずり出し無事ランディング。

ロッドに掛かる負担は想像以上であった。

今回、タイで入魂したAVALON70B/MH

これからも様々なフィールドで活躍するだろう!

《TACKLE》
ROD :AVALON]70B/MH
REEL:シマノ・コンクエスト300
LINE: PE4号(リーダー40lb)


_20200227_09034415827617848891582761789203

南米ガイアナでアヴァロン!

神戸の徳山様より南米ガイアナ遠征報告です!

釣行の9割近くをアヴァロン2本で完結させることができました。

強度にも全く不安を感じないロッドで思いっきり振り回せました!

トップウォーター、ミノー等ハードなアクションが必要な場面ではAV66B/MHを、

バイブレーションや縦の釣り、ピラルクの餌釣りはAV70B/MHと使い分けてきました。

OI000126IMG_20200125_1928251580438674341

正直釣り始めは・・・

自分の体が慣れてないせいもあり、66で高速トゥイッチを続けるのがちょっとしんどいな?

と感じたのですが、日数を重ねるごとに確実に体に馴染み、とても快適な釣りができました!

15804387535341580438777219Fotor_15804356852296215804387705901580438766910Fotor_158043582755235
66に関しては10g前後のスピナーでも普通に不便無く使える汎用性の高さ、そしてしっかり張りがあるので、太軸フックでのフッキングが決まります!何よりキャストがバシバシ決まる気持ちの良いロッドでした。

70はバイブ等の重量あるルアーや、ディープホールでのジギングにとても使いやすく、またサイズは大きくありませんが、ピラルクも全く不安なく上げる事が出来、頼もしいロッドでした。

15804387477601580438762228158043875762615804386795841580438682561























































アロワナにピーコックバス!

ルアーは、「マヒペンマヒボックスがいい感じにハマる場面があり良い釣りができました。

本当に、良い思い出をありがとうございました!

ピーコックにもバンディット!

ブラジル遠征より帰国した片山様からの報告!

昨年から状況の良くないブラジルのネグロ川水系に、

ピーコックバスフィッシング
に行って来ました。

1580194525277










他のメンバーが9-12cmのペンシル、私はスイッシャーをキャストしていました。

それらのルアーに反応が悪く魚はチェイスもして来ない中、

30-40cmのベイトが逃げまどうのを確認出来たのでビッグバンディッドをチョイス。

ビッグバンディット」の平面を意図的に水面に叩き付けることで、

魚を寄せるのを意識して着水。

ラインスラックで左右にダートさせる誘い方と、

速まきを織り交ぜていた数投後にペンシルに出なかった13lbオーバーが飛び出して来ました。

マッチザベイトだったのと、活性が低い中カロリーの大きいビッグベイトに反応が良かったのかも知れません。


Lure : ビッグバンディット*装着フックは80LBリングにST66・2/0
Rod : TRANSCENDNCE LateBloomings510+
Reel : US DAIWA LEXA300 HG
LINE : PE#6+100lbリーダー


1580194528881

アヴァロン@インド

年越しを3ピースロッドアヴァロン持ってインド遠征に行かれた奥村様よりの報告です。

年末年始に4年越の夢を叶いに南インドへ行って来ました。

ターゲットは?「エンペラースネークヘッド」!!

恐らく、この魚をメインに狙いに、、、この地域に来た日本人は私達が初めてかも?

メンバーは日本から私、キャプテンスネーク猶原TAHI長、

そして、シンガポールからラムさんの3人で12/30〜1/3の5日間の釣行。


1578343759089157834374504515783437624931578343781368



157834375360915783437998511578343807454157834382317415783438266501578343843417大きな川の支流を陸からキャスティング“呼吸撃ち”で狙いました。

魚は沢山見えるけどtoman(トーマン)と同じでヒットは大変難しく、

的確な判断からのルアーチョイス、正確なキャストが要求されます。

結果、私は5日間で「エンペラースネークヘッド」9匹、「ロイヤルトーマン」2匹キャッチ!

サイズは最大3キロでしたが8キロ〜7キロクラスも多数見掛け、次の目標に!

仲間2人は2匹と4匹キャッチ。

私の11匹中5匹はマングローブスタジオマヒペン127Fキャッチ。


ラムさんも4匹中2匹がマヒペン127Fでのキャッチ!

南インド釣行は、マングローブスタジオアヴァロンのストレスの無いブランクでの、

正確なキャスタビリティとマヒペンの圧勝で無事終了。次回に繋ぐ楽しい遠征でした。

《ロッド》
mangrove studio AVALON 66B/MH
mangrove studio AVALON 70B/MH

タイ遠征@アヴァロン!

AVALON(アヴァロンオーナーの刈谷様よりタイ遠征報告。

日本でも人気なタイの釣り堀(pilot111、モンコン養殖池、VIP)。

凄いサイズは釣れませんでしたが、

AVALON(アヴァロンで色々な魚達と遊んできました!!

ストライクジャークでバラマンディーも!!


15740152859151574015239203















1574015266760










15740152468071574015252968

西アフリカでもマヒペン!

東京の片山さんからの海外遠征報告です。

西アフリカのガボン共和国に行ってきました。

南米コロンビアでも活躍した「マヒペン127F・28g」が、このアフリカの地でも大活躍でした!
FullSizeRender 4
FullSizeRender 22FullSizeRender 30FullSizeRender 38IMG_6074IMG_6213
ガボン共和国はサーフでのターポンフィッシング、ツバメコノシロの仲間のシルバースレッドフィン、GTの近縁種のジャック、50kgにもなるバラクーダなどルアーフィッシングとしては面白いフィールドが広がっています。






今回は汽水域でのトップウォーターゲームで「マヒペン」が効果を発揮しました。

「マヒペン」のいいところはウエイトもあり、飛距離が出ること、トップウォーターとしてもサーフェサーとしても活躍することにあります。





最初の3mくらいは意図的にペンシル特有のスプラッシュを伴ったドッグウォークで集魚し、その後5mくらいはサーフェサーとして水面直下をダートさせる。これだけです。これだけと言っても淡水用のペンシルは水面直下をダートさせるのが難しく、飛び出してしまうのに対し、「マヒペン」は海用の絶妙な比重でトップから水面直下までを意のままにコントロールすることが出来ます。



ガボンにおけるロッドは5ft後半から6ft前半のショートロッドにPE4号にワイヤーリーダーという組み合わせです。ルアーは丸呑みされるのでワイヤーリーダーは必須です。これにバラクーダの10kgオーバーや5kgクラスのスナッパーが面白いように反応してきます。ライトタックルだけにエキサイティングなゲームです。
やはりトップに反応してくるゲームは興奮するので楽しいですね。





海外釣行に行く場合には「マヒペン」は必ず1本持っていきたいアイテムです。






ーー

ガボン共和国ツアーXstreamTours:https://www.xstreamtours.com/

Lure:MangroveStudio MahiPen127F/ 28g

Rod:TRANSCENDENCE LateBloomings510+

Reel:SHIMANO Scorpion201HG+PE4号




えっ!マヒジャークで?

江東区の奥村さまより。

タイから帰国後、釣果報告が届きました。

ナント・・・ターゲットは「トーマン」!!

1497237213354トーマンに良いとされるクランクやバスベイト以外に「マヒジャーク」と「マヒBOX」が大活躍!?
14972372733901497237294894
特にマヒジャークの有り得ない程のヒット・・・?

この釣りをやった事ある方なら分かると思うけど1日頑張って1匹なんて当たり前。

タイNO1トーマンガイドは、当然実績あるクランクやバスベイトを場所によって勧めます。
1497237321212149723899576514972372079181497239727420



















しかし、前からマヒジャークがいけるんじゃないかと思っていて投げ始めると・・・

ヒットの連続!ナント2日で11キャッチ!という釣果。

マヒジャーク」のアクションは?
短いストロークで早めにジャークすると喰いやすいようです。

魚を真っ二つにする強靭なアゴの力は凄まじい!


















ご報告、有り難う御座います。
意外なターゲットに使われ正直ビックリしました。
しかも淡水のトーマンだとは!